病院・診療所経営コンサルティング

診療報酬マイナス改定の中で病院・診療所が生き残る為のキーワードは

・機能分化  ・ネットワーク  ・住宅

の3つです。

急性期医療を目指すのか、亜急性期医療を志向するのか、慢性期医療に取り組むのか旗幟鮮明にしなければなりません。
今、言了解は自己完結型から地域完結型医療に変化しています。
自院の役割・特徴をはっきりさせ地域連携を推進する必要があります。
介護保険の居宅サービスを含め在宅医療の取り組みが重要になります。

サービス内容

①亜急性期病床、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟への転換検討

②介護療養病床の転換検討

③介護保険サービス導入検討(サービス付き高齢者向け住宅・小規模多機能型居宅介護事業所等)

④病院・診療所建替の検討(シミュレーション、建設紹介と検討、融資交渉等)

⑤病院。診療所の事業継承とM&A

⑥診療圏分析と増患対策

料金について

上記サービスの受注に当たりましては事前に充分に打ち合わせをして個別に見積もりもさせていただきます。

お問い合わせ